アニメレヴュー

アクセスカウンタ

zoom RSS らき☆すた監督交代、まなびDVD売上他雑記

<<   作成日時 : 2007/04/30 12:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

京都アニメーションによると(http://www.kyotoanimation.co.jp/info.html)「らき☆すた」の監督が交代となるようだ。これまで監督をされていた山本寛さんは、京都アニメーションの多くの作品に関わってこられた方だが、特に「涼宮ハルヒの憂鬱」ではシリーズ演出、しょっぱなに視聴者を驚かせた「恋のミクル伝説」の歌詞、そして踊りが話題になったエンディングの絵コンテ・演出を担当された方としても知られている。「らき☆すた」は山本寛さんにとっては、初監督となる作品だったが、4話で降板となるらしい。

「らき☆すた」は、まったり系のアニメにありがちなように、つぼにはまってみれる人にとっては楽しめる作品だが、人によっては非常に退屈な作品と受け取られることもあり、評判はさまざまだが、話題の京都アニメーションの作品ということで注目されていた作品であることは間違いない。個人的には、「あずまんが大王」や「苺ましまろ」のようなまったり系の作品は好みだということもあり、これまではかなり楽しんでみていたため、このニュースには少なからず驚いてしまった。

ネット上では監督交代の理由についてさまざまな憶測をよんでいるが、公式発表では、「監督において、まだ、その域に達していない」とのこと。この表現ではどこに落ち度があったのかは明確ではない。「天元突破グレンラガン」のプロデューサーの降板劇があったばかりであり、ネットではネタではないかという憶測まで流れている。また、京都アニメーションはスケジュール管理が徹底しており、それがクオリティが高い映像のもとになっているといわれているが、「らき☆すた」では制作スケジュールの遅れがあったのではないかという指摘もあるものの真相は現在のところ当事者たちしかわかっていない。後任は、「フルメタル・パニック」シリーズの監督として知られている武本康弘さん。とりあえずは、監督の交代が作品にどのような影響を与えるかをみてみたい。

衝撃という意味では、「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」第1巻期間限定版のDVD売上初動も衝撃だった。1月開始アニメでは、話題になった作品のひとつであり、内容的にも悪いものではなかったと思うのだが、オリコンの初動では、3千本をきったとのこと。まなびはオリジナルアニメであり、最近は特にオリジナルアニメを売るのは難しい状況が続いているものの、このクラスの作品で初動3千をきるというのは衝撃だった。これまで、このブログでは、コードギアスなど売れているアニメの売上について記述することが多かったが、実際のところ多くのアニメは売上的には苦戦している。新たに作られるアニメ本数がここ数年で非常に増えた一方、購入層は限られるため売れないアニメが増えているのだ。5年前に1万本売れたヒット作が、現在発売された場合に2千本しか売れなかったとしても個人的には全く驚かない。ただ、この状況が長く続くとも思えず、アニメ界が新規客層を取り込む積極的な展開を考えるとか、世界を市場とした国内でのDVD売上に依存しない新たなビジネスモデルの確立が成功するなどといったことがない限り、個人的にはこの数年でいくらかのアニメ関連会社が淘汰されることになるのではないかと思っている。特に最近は、良作が売れない時代になりつつあり、いい作品を作る会社が生き延びることができる新たなビジネスモデルが出てくることを期待したい。

# 4月はいろいろあってなかなか記事を書くことができなかったりしたが、3連休で3つ書いたのでなんとか合計10本の記事を書くことができた。人のブログをみていると毎日のように更新したりしている人もいるけど、自分には無理ですw。まあ、リピーターを増やすには毎日更新とタイムリーな話題の提供が重要なんだろうけど、どちらもできなさそうなので、記事と紹介するアニメの質だけはある程度のレヴェルのものを提供できたらいいなと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
らき☆すた監督交代、まなびDVD売上他雑記 アニメレヴュー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる