アニメレヴュー

アクセスカウンタ

zoom RSS おおきく振りかぶって 第6話 「投手の条件」

<<   作成日時 : 2007/05/19 13:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

今週は大きく展開が動いた。

毎回ですが書いておきます。原作はアニメの放送が終わるまで読みません(放送終了後読むつもり)。なので、原作既読者にはもしかしたら違和感をもつ記述があるかもしれませんが、アニメだけをみた場合の感想です。

第6話は、脚本:兵頭一歩、絵コンテ・演出:爽田夏央。脚本の兵頭さんはもともとはサンライズで働いておられた方で、今はフリーで脚本などを書かれています。これまで関わってこられた作品だと「タクティカルロア」のシリーズ構成・全話脚本などがありますが、個人的には「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の脚本が記憶にあります。爽田さんは情報がなく、どういう方かよくわかりませんでした。

西浦と三星の練習試合の続き。4回の裏から7回の裏の途中まで描かれた。2点とられた叶が調子を取り戻し、三星ベンチでは三橋の攻略法が考えられた。エラー、織田の三塁打、畠のホームランで西浦は3点取られ逆転されることに。

個人的に今週印象に残ったのは阿部のもろさと、三橋の投手としての才能だ。阿部は、水谷のエラーで冷静さを失い、織田・畠に打たれるはずのない球を打たれ逆転を許し、自信をなくした。一方の三橋は、打たれることでプレッシャーを感じつつも、それでも投げることをやめようとしない。それが投手の「条件」のひとつなのだと思う。叶は投手の条件として「一試合投げきれるくらい投げるのが好き」ということを挙げている。三橋は中学時代、死球・四球がほとんどなかったという。現実的にこういうことが可能かどうかはさておき、野球に限らず、たいていの人は、長時間何かをやっているとふと気が抜けたりしてミスをすることがあると思う。一回限りのことならともかく、何度もやっていることだと特にそういうものだろう。特に点を取られたり負けが続くような中学時代に、三橋が投げることに集中できていたことは驚くべきことだろう。個人的にも、多くの場合その道の専門家になれるかどうかというのは、基本的な才能は必要としても、いかにそれを続けられるかだと思っている。たとえば漫画家になりたいと思っても、継続して描き続ける力がないとダメなのだ。いくら絵がうまくても、気が向いたときにしか描けないのでは、漫画家にはなれないだろう。そういう漫画家が週間連載をすると、最初のうちは描けていても、無理をしないと描き続けれないようになり、結局はストレスがたまりダメになるのではないだろうか。そういう意味では、集中力を失わずに投げ続けることができる三橋は、まさに投手の条件をもっているといえる。この点は、前回叶が調子を崩し四球を与えたことと対照的といえるだろう。もう一つの注目点は、織田を前に三橋が打たれる直感をもったが、阿部に従い結局打たれたこと。「サインに首を振る投手は大嫌い」という阿部だが、三橋が自分を主張するようになってはじめてこのバッテリーは対等の立場になるのではないだろうか?三橋が投手の直感を阿部に伝えれるようになるような日がくるかどうかも注目したい。

次回の第7話は「野球したい」。この練習試合も次回が最後とのこと。今回は逆境を通して選手の「条件」が描かれたが、次回この逆境に西浦ナインがどう対応し、どういう試合結果となるのか楽しみにしたい。

毎回、その回で描かれたワンシーンを自分の言葉で文章にしていますが、今回は、崩れた三橋が立ち上がるシーンを描いてみたいと思います。

畠くんに打たれた球がフェンスを、越えた。
ホームラン…。目の前が一瞬真っ白になる。ひざが折れる。

阿部くんのリードがいくらよくても実際投げるのはオレだ。
打者とぶち当たれば弱い方が負ける。
オレのせいで、チームが負ける…。

自分を責める気持ちが内から噴きだす。
中学のときもそうだった、オレのせいでまた…。


でも…。

投げなくっちゃ。オレは投手なんだから。
ここは投げる人間の立つ場所なんだから…。

三橋は本能的に次の打者に集中していた。


# 公式HP(http://www.oofuri.com/)によると7月25日発売のおおきく振りかぶってDVD第2巻は、4話収録で6300円とのこと。深夜アニメだと異例の安さでちょっとびっくりしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おおきく振りかぶって 第06話 投手の条件
ネクストバッターサークルでなぜか正座してる三橋から始まりましたw ホント常にビクビクしてるな〜w ちょっと小動物みたいでかわいいかもしれん・・w 本気になっても三橋から打てない三星。やっぱり三橋の凄さは9分割コントロールかー。そして、それを実行できる集中力ですね。畠「それそんなにすごいのか?」ちょw分かってないぞ?w 私でも外内交互に投げられたら打ちにくいのは分かるぜ〜。これに阿部のリードが加わって、ここまで完璧に押さえ込まれてるんだね。 しかし、今回はそれらが裏目に出... ...続きを見る
猫が唸る感想日記
2007/05/19 18:23
レビュー・評価:おおきく振りかぶって/第6話 『投手の条件』
品質評価 28 / 萌え評価 20 / 燃え評価 11 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 4 / お色気評価 4 / 総合評価 13レビュー数 122 件 ...続きを見る
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・...
2007/08/24 15:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おおきく振りかぶって 第6話 「投手の条件」 アニメレヴュー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる